お葬式以外の雑費や追加費用も考慮して

最近のお葬式では葬儀・告別式をまとめて行うことがほとんどです。
仏式葬儀とは僧侶が中心となり読経し、故人に引導を渡すという宗教儀式です。
告別式は親しい人が故人と別れを告げるお別れ会なので、葬儀・告別式は別々にかつては行われていました。
お葬式の費用のほとんどは、葬儀・告別式で発生します。
祭壇や棺などの一式費用の平均はおよそ122万円で、お布施などの寺院費用に、飲食接待費などの変動費など葬式に付随する費用もさまざまです。
たとえば、雑務を手伝ってくれるお世話役の人には約1万円から2万円をお礼に包む必要がありますし、受付や会計、交通整理などを頼んだ人にも3000円から5000円のお礼を包みます。
会社関係など大勢の人に手伝ってもらった場合には、まとめて菓子折りや飲み物などでお礼をするのが常識です。
このように小さな出費もかさんでいくので、見積額よりも費用は大きくなることを頭にいれておき、追加費用分も用意しておきます。

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.