故人との最後の別れ。葬式でのマナー違反は避ける

人生の中で葬式はほとんどの人が経験した事があるでしょうが、色々な宗派によってかなり葬儀方法も変わります。
故人との最後の別れになりますので、あまり失礼にならないようにするのがマナーです。
最も日本人の葬式に多いのは、焼香をする真言宗や天台宗ですが、その葬儀でもどこを通るのか、どのように挨拶するのか、焼香は何度するのか等も含めて不安な人が多いでしょう。
実際に正しいマナーはありますが、どこが間違っているのか良くわからない事が沢山あります。
特に新式やキリスト式は葬儀経験も少ないので、誰もが緊張感を持ちながらの参列が多いでしょう。
私の場合には学会の葬式に参列した事がありますが、前方の人の動作を確認しながら見ていましたが、その人もあまり知らなかったようです。
又、服装やアクセサリーやバッグ等も黒系を持ち、ゴールド等の光り物は避けましょう。
子供の場合は、ブレザーやベストや学生服が多く、地味な色であれば問題ありません。
親しき仲にも礼儀あり。
目立つマナー違反は避けた方が良いでしょう。

ご家族様のお葬式の意向を叶えます

葬儀の進行代行

落合斎場までご案内いたします

家族葬 川口

葬式関連一覧

お葬式の際には女性は特に服装のマナーに気をつけるようにします。
アクセサリーは基本的に結婚指輪

お葬式のために略礼装の喪服を用意しておく

葬式を行うためには、高額な費用がかかってしまいます。
平均では、一回の葬儀で200万円ほどの費

葬式のための費用を積み立てることで

最近のお葬式では葬儀・告別式をまとめて行うことがほとんどです。
仏式葬儀とは僧侶が中心となり読

お葬式以外の雑費や追加費用も考慮して

Copyright(c) 葬式 All Rights Reserved.